友だち追加

043-239-0360

メールでのお問合せ

トータルデザイン 施工実績

ドッグランのあるお庭 千葉市緑区

千葉市緑区で、ドッグランの施工を行いました。
ワンちゃんが来訪者や、前を通るワンちゃんを見て吠えてしまうということで、ワンちゃんたちが吠えたりせず、
楽しく快適に遊べる空間を作って欲しいとご相談を頂き、エクステリアのリフォーム工事をすることに。

ドッグランの仕切りと目隠しフェンスには、アーバンフェンスを。
アーバンフェンスは、PS発泡樹脂を使った目隠しフェンス。
耐水性・耐候性にすぐれており、色褪せしにくく、天然木材とちがい腐食しません。
また、シロアリにおかされる事もありません。

パネル本体の幅は12cm。
板の貼る枚数や、板の隙間を変えることにより、オリジナルのフェンスができます。
隙間を自由に設定できるのが、アーバンフェンスの魅力の1つ。
今回、フェンスの高さは、187.5cm。
高さもあるので、しっかりとした目隠しにも役立ちます。

アーバンフェンスは、カラーが豊富。
12色から選べ、スタンダードなカラーの他に、オーシャンブルー、ブリックレッド、サンドベージュ、
マンダリンオレンジ、ハーブグリーンなど、特徴的なカラーも。
柱の部分のカラーは、アルマイトバリエーションのブロンズ、ステン、ホワイト、ダークブロンズ、ブラックの5色。
専用塗装バリエーションは、12色あります。
今回、柱の部分はブラック、パネル本体のカラーは、アースブラックを選びました。

アーバンフェンスには、シボ加工がプラス出来ます。
シボ加工とは、樹脂・金属の成型表面に、質感を高めるためにデザイン模様として細かい凹凸の加工を施すことです。
今回は、シボ加工入りのものを使いました。
写真のように木目調が綺麗に表現された美しいフェンスに。

フェンスの隙間は、1.5cm。
光が適度に入り、目隠しの役割もきちんと果たせるサイズに。
最近では、台風や、強風の心配もあるので、その点についても考慮しました。
隙間が狭いので、ワンちゃん達から外の視線も適度にカット。

お庭への出入り口には、ワンちゃんが逃げないよう特注で同じアーバンフェンスを使った門扉を。
高さはフェンスと同じ187.5cm、幅は75cmの片開き門扉。
開き戸を設置することで、納まりが綺麗に出来るよう目隠しフェンスの設置位置を変えました。
片開き門扉を付けることで、お庭への出入りが便利に。
アーバンフェンスは、フェンスと門扉とも横桟で合わせられるので統一感があります。
フェンスの下の部分には、パネル本体と同様、アースブラウンの5cm幅のジョイント材を1枚入れ、ワンちゃんたちが逃げ出さないように。
また、門扉の下の部分の隙間は、ドッグランとして使用時に施主様に平板などで塞いで頂く予定です。

以前、花壇にあった植栽は、目隠しフェンスの前に移植。
窓の位置を配慮して目隠しフェンスを設置しました。
フェンス手前の部分は、植栽スペースにし、お好みの植栽が楽しめる空間に。

目隠しフェンスの柱には、物干竿を設置。
通常目隠しフェンスの柱は、1.5mmの厚さのところ、物干し設置柱として使う場合は、2mm厚になります。
強度を上げることで、ウエットスーツなども干せますね。
ウエットスーツを干しても、下につかないような高さに設置することで、使用しやすいように。
お庭側には、植栽の根元に、新しく照明(パナソニック LGW40090LE1)を1つプラスすることで、夜間も明るく過ごせます。

◇今回使用した商品◇
フェンス 大竹産業 アーバンフェンス+シボ 板13段 隙間15mm アースブラウン
             ジョイント材 アースブラウン
             アルミ柱(アルマイト色) 60角 ブラック
             柱キャップ 60角 
片開き門扉 大竹産業 アーバンフェンス+シボ 内開き門扉 H1875 W750 アースブラウン
照明 パナソニック LGW40090LE1

千葉市のエクステリア&外構のご相談は
日本造園土木までお気軽にご相談ください。
TEL 043-239-0360