友だち追加

043-239-0360

メールでのお問合せ

NEWS & TOPIXお知らせ・ブログ・コラム

リゾートガーデンエクステリア③

3回に分けて取り上げてきた『リゾートガーデンエクステリア』

最終回の今回は、リゾートエクステリアに欠かすことのできない『照明』と『植栽』についてのお話。

昼間のエクステリアと夜のエクステリアの大きな違いは明るさ。
昼間は、お日様の力でお庭は明るくなります。
一方、夜間は、暗くなってしまいますよね。

上記の写真は、同じデザインで昼間と夜間のイメージ図。
同じデザインの空間でも、昼間と夜間とで、印象ががらりと変わります。

夜間のエクステリアを華やかに、安全に過ごすために活躍するのが、照明。

照明をエクステリアに取り入れるメリットは、実は多くあります。
夜のエクステリアを幻想的に彩ったり、高級感のある空間にしてくれたり、防犯性を高めたり、夜間の移動がしやすくなったりなど。

今回は、リゾートガーデンエクステリアにオススメの照明を3種類。

アップライトは、造作壁や、外壁をライトアップするのに最適な照明。
埋込みタイプ、据え置きタイプ、スパイクタイプ、バータイプなど。
初回に取り上げた門柱を華やかにするアイテムとの相性もバッチリ。
アップライトの光量や、形、角度によっても印象が変わってきます。

マリンランプは、リゾートを感じられる照明の1つ。
ウッドデッキや、タイルテラスに取り入れるとマリンランプの塗装色や、ライトの高さでも一味違った魅力に。
可愛らしさと、格好良さの両方が楽しめます。
見せる照明としては、存在感のあるおしゃれなアイテム。

スポットライトは、植栽の根元から光を照らすことで、お庭が華やかに。
木の高さに合わせて、スポットライトの光量を調整することで、上質な空間に演出してくれます。
造作門柱を照らすのもおしゃれ。

リゾートガーデンエクステリアは、下から上に向かって照らす照明がオススメ。
幻想的で癒される空間に仕上がります。

次に、『植栽』についてのお話。

こちらのデザインには、ココスヤシとドラセナ、ニューサイランを。
常緑樹のフェイジョアなどもオススメ。
自然石、石材を取り入れることでより素敵なお庭に。
白を基調とした真っ白なフェンスを使うことで爽やかな空間に。

植栽を取り入れることでエクステリアはより華やかに。
是非取り入れてみてくださいね。
予算に応じた植栽の選定も可能です。

いかがでしたか。
とっておきの癒しの空間『リゾートガーデンエクステリア』
お庭に取り入れてみてはいかがでしょうか。

千葉市のエクステリア&外構のご相談は
日本造園土木までお気軽にご相談ください。
TEL 043-239-0360