043-239-0360

メールでのお問合せ

BEFORE & AFTERビフォー & アフター

駐車場の拡張工事 千葉市中央区

BEFORE

AFTER


BEFORE

AFTER


BEFORE

AFTER


千葉市中央区で、外構リフォーム工事を行いました。
以前は、敷地内に2台分の駐車場でしたが、3台分に広げたいとご相談を受け、リフォームを行うことに。
既存の造作門柱と花壇、カーポートを撤去。
造作花壇の植栽も伐採、伐根することで、駐車スペースの拡張を。

玄関前には、外からの視線を考慮し、新しくスクリーンフェンス(ブログコートフェンスF1型)を。
ブログコートフェンスF1型は、光と風を折り込み、ゆとりの景観をデザインするアイテム。
重厚な格子デザインが凛々しさと力強さを描き出し、ゆとりの空間を多彩に表現する高尺ハイグレードフェンス。
プライバシーやセキュリティといった機能性にも配慮できるのが魅力的。
ブログコートフェンス本体のカラーは、オータムブラウン、シャイングレー、ブラック、クリエモカ、クリエダーク、チェリーウッドの6色。
胴縁と柱の部分は、オータムブラウン、シャイングレー、ブラックの3色から選べます。
高さは、160cm、180cm、200cm。
傾斜地はもちろん、複雑な敷地にも施工できるのが特長です。
格子の太さは3cm、隙間は4.1cm間隔となります。
今回は、柱はブラック、スクリーン本体は、クリエモカ。
高さは160cmを採用しました。
スクリーンフェンスは、高さがあるにも関わらず圧迫感が少なく、目隠し効果も高いので、おススメです。
スクリーンフェンスの横の部分は、既存のメッシュフェンスを再利用することで、コストカット。

既存の造作門柱と花壇だった部分を撤去し、門柱に一部を再利用。
RCの立ち上がり基礎の部分を左官仕上げにすることで綺麗な仕上がりに。
門柱を撤去したので、新しく機能門柱(シンプレオポストユニット1型)を立て、お客様手配の表札を付けました。
ポストを機能門柱につけると間口が狭くなるので、既存の壁に付けることで駐車スペースを少しでも確保出来るように。
照明付きの機能門柱なので、夜間も明るく照らしてくれます。

玄関に続くアプローチの部分は、モルタル仕上げの造作階段に。
蹴込みの部分をレンガ(風シリーズ)を小端立てにすることで、おしゃれなアクセントに。
温かみのあるカラーのレンガは、門周りを明るい印象にしてくれますね。
階段の横には、コンクリートブロックを積み、その上に手摺り(グリップライン)を。
階段の踏面に設置するより階段の使用面積が増えるので、使いやすくなります。
門柱のレンガのカラーに合わせてブラウン系でまとめました。

◇今回使用した商品◇
機能門柱 YKK シンプレオポストユニット1型 照明付きタイプ カームブラック
ポスト 三協アルミ SWE型 壁付けタイプ トラッドパイン ダークブロンズ
歩行用補助手摺り LIXIL グリップライントップビーム1段 埋込柱仕様
         38φ樹脂ビーム 端部キャップ 端部Rキャップ T-TOEXブラウン マイルドブラック
スクリーンフェンス LIXIL ブログコートフェンスF1型 クリエモカ ブラック
レンガ メイク 風シリーズ 春風 

千葉県のエクステリア&外構のご相談は
日本造園土木までお気軽にご相談ください。
TEL 043-239-0360